スポンサードリンク

酒井若菜 とは

酒井若菜(さかい わかな)は、女優、元グラビアアイドルである。ムーン・ザ・チャイルド所属。1980年9月9日生まれ。血液型A型。栃木県野木町出身。本名は酒井美幸(さかい みゆき)




酒井若菜は、デビュー当時は本名の「酒井美幸」で活躍していた。しかし、同時期に同姓同名(字は異なる)のアイドルがデビューしたため、芸名を今の酒井若菜に変更し、当初はグラビアをメインに活躍していた。
(なお、そのアイドルの引退後も、酒井若菜としての知名度がすでに高かったために改名していない)

酒井若菜は、日テレジェニック’99にも選ばれた。
(当時の公称スリーサイズはB94、W60、H85である。)

グラビアの登場、出版した写真集共に非常に多く、グラビアアイドルとしては一定の知名度を得た。
グラビアアイドル時代は栃木の実家から「通勤」していた。
セカンドビデオ「天使のたまご」で実家の自室を撮影しながら説明しているが、何故か部屋の真ん中に柱がある。2002年頃まで公称されていたスリーサイズはB88(Fカップ)、W60、H84で、身長は158センチである。
なお、現在は身長の数値は公表しているものの、スリーサイズは非公開としている。


2001年3月、
ナインティナインのオールナイトニッポンにゲストとして出演した際、番組パーソナリティである岡村隆史が主演する映画「無問題2」にヒロインとして出演することを告げられ、番組中にスポーツニッポン記者からのインタビューを受けた。酒井若菜はこの事を事前に知らされていなかった。またこの記事は翌朝のスポーツニッポンに掲載された。


2002年頃から
酒井若菜は、女優業をメインに活躍し、現在に至っている。

特に「バカ女」キャラクター役に関して天才的な演技力を発揮し、数々のドラマ(特に木更津キャッツアイ以降の宮藤官九郎作品において)やテレビCM(東京ガス「女の小野妹子」編)にて非常に高い評価を得ている。
ただ決して酒井若菜自身が「バカ女」というわけではなく、サスペンスでのシリアスな役もこなせる演技派である。
なお、酒井若菜本人は脇役で有名になりたいと話している。


2004年4月から
公式サイトで月替わり有料コンテンツ「酒井若菜診断室」を提供していた。
グラビアアイドル時代は、ロケ撮影による100枚程度の画像や映像、掲示板があり、女優に転換した後はオフショットや酒井若菜本人のエッセイなど、さらに継続利用特典として酒井若菜本人のトークを提供していた。
しかし事務所のホームページのリニューアルに伴い、2006年8月を最後に当分の間有料コンテンツの提供を休止することが決まっている。



酒井若菜-ムーン・ザ・チャイルド公式プロフィール



酒井若菜のエピソード

酒井若菜は、人のタイプ・性格・キャラクター等を表現する際に秘密戦隊ゴレンジャーを例に出すことが多かった。しかし、発言内容から考えると実際に視聴したことはないようです。




最初のころは、好きなタレントに出川哲朗を上げていたが事務所から注意され言わなくなった。

ナインティナインの岡村隆史とのゴシップがスポーツ紙に掲載された直後、ナインティナインが出演するラジオ番組に出演しガセネタであると否定した。
(初対面であると岡村が発言)
しかし同番組で岡村から「好き」と言われ、その後FAXで
「岡村さん、20年後に1人だったらお願いします」
と返答した。

これが縁となったのか、映画無問題2で岡村と共演することになる。


酒井若菜自身の公式ブログを開いたが、ブログのコメントが非常に気になるあまりに携帯電話で逐一チェックしていたら、月のパケット料金が7万円を超してしまったと自身のブログで述べた。
酒井若菜自身のことを「ストーカー酒井だよ」とコメントしている。

自身のブログではコメントについて懸命に相手してあげる酒井若菜の姿を見て、ファンが増えアクセスも急増し今ではファン同士がブログのコメントでコミュニティを行っている。


酒井若菜診断室 (オフィシャルブログ GiRLSGATE)


グータンヌーボに出演した際には、一緒に出演したさくらが恋愛観について「自分の時間を持ちたい」と言っていたのとは対照的に、
酒井若菜は「24時間一緒にいたい」と述べていた。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。